更年期による髪の変化

更年期を迎える40代くらいから女性ホルモンの分泌量が急激に減ります。

相対的に男性ホルモンの割合が増えます。そのため、男性と同じように前頭部から頭頂部にかけて毛が細くなり始め、50~60代になると薄くなって頭皮が見えるようになります。

髪の毛がやせて細くなるのもこの時期です。

太くて硬い毛が少なくなり、全体的な本数も減ってきます。更年期を迎える女性の40代は、「髪の毛の曲がり角」と言えるでしょう。

髪の毛もパサつきや手触り、艶の減少といった事が気になると思います。

髪に良くない条件が重なる更年期こそ、正しいヘアケアが必要不可欠になります。

更年期障害は時が経てば治まりますが、症状が治まったからといって髪が元通りになるというわけではありません。

従って、正しいヘアケアで更年期による髪のダメージを最小限に抑えることが重要です。

そこで重要なのが、それを教えてくれる美容院とホームケアーシャンプー剤選びと考えます。

女性は40歳を過ぎると頭皮の皮脂の分泌量が減少していくので、頭皮に刺激の強いシャンプー剤は避けましょう。

そしてゴシゴシ洗うのではなく、指の腹でマッサージするように洗う事が大切です。

リンス剤やトリートメント剤は髪の毛の量と長さ、ヘアースタイルに合った物を美容師さんに相談してみてください。

その時、ベストな方法、ベストなアイテムを教えてくれます。

クレドヘアーでも『ベスト』を御伝えさせて頂いてます。

女性特有の『更年期』

上手にお付き合い出来るお手伝い、お任せください。