40歳からのいたわり洗髪

加齢と共に肌の劣化も感じるように、髪の毛の変化も感じると思います。

20代の時と同じシャンプー剤ややり方ではどうしても対応しかねると思います。

TVCMでも各企業事、シャンプー別で、イメージキャラクターを通して伝えていると思います。

シャンプー剤は選べても、シャンプーの方法迄は知らない人も多いのではないでしょうか?

『40代からのいたわり洗髪』をご紹介します。

① シャンプーを付ける前にしっかり予備洗いを

38度位の湯温設定で、頭皮を中心に、耳周りや髪が集まっている部分は入念に。

しっかり流せば、汚れの7~8割は取れると言われてます。

② シャンプー剤は手のひらで泡立てて

もし泡立てが苦手であれば、ネットを使う事をオススメ致します♪

③ 髪がベタつく部分は一番最初に付けて

コテなどで巻いた後に、毛先にワックスやスプレーを付けた時には特に有効

④ 頭全体に泡を広げ、指の腹で頭皮をマッサージするように洗います

シャカシャカ洗いを全体に行った後、揉み揉み洗いをしましょう。

⑤ お流しは洗いより倍の時間をかけて

この時も指の腹で頭皮を擦るように流します。

特に生え際、襟足、耳の後ろなどはシャンプー剤が残りやすいのでしっかりと。

普段のやり方と比べてみてどうでしょうか?

私ももう一度見直してみます!

いたわりながらのコンディショナー、トリートメントの付け方もまたご紹介致しますね♪